小さくて辛い金のさんま

価格: ¥702 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

 

骨まで柔らかさんまの佃煮

一口サイズの小さいさんまを使っています。鷹の爪が入ってほんのり辛い金のさんまです。ご飯だけではなく、お酒のお供にも

内容量120g
賞味期限冷蔵保管にて60日(記載の賞味期限内)、開封後2日
発送方法冷蔵便
発送日最短4営業日後発送
商品番号S4

小さくて辛い金のさんま

炊きたてご飯と一緒にどうぞ

一口サイズの小さいさんまを使っています。鷹の爪が入ってほんのり辛い金のさんまです。

お日持ちは冷蔵で60日程(常温保管した場合は30日)です。この商品は冷蔵ですが、他の冷凍商品と同梱の場合、冷凍での発送とさせて頂きます。

小さくて辛い金のさんま

ご飯だけではなく、お酒のお供にもいかがですか。男性の方から人気の金のさんまです。

小さくて辛い金のさんま

小さくて辛い金のさんまを更に小さくほぐして、春巻きの皮に巻いてさっと素揚げにします。手でつまめるので、おつまみにピッタリです。

返したれと手仕事で、郷土の味を大切に繋ぎます。

鮮度の良い銀色のさんまは、甘辛の醤油たれでゆっくり炊いて、仕上がりが金色になります。 私たちの工場(こうば)で「金のさんま」と呼びはじめたのが名前の始まり。もともとは郷土料理で、豊かな三陸の海からの恵みを丁寧においしく食べたいと願った先人の知恵を預かっているのです。斉吉でも祖母から、また母から伝えられてきた味を大切に繋いでいます。

毎日継ぎ足しで使っている返したれは金のさんまに欠かせないもので自然の旨みの積み重ねです。この返したれは先の大震災に遭っても社員が、命がけで持ち出しました。 ほとんどの工程が手仕事の、金のさんまは、毎日、鍋から良い匂いをさせて炊きあがります。骨ごと柔らかくなるまでゆっくり炊いていますので、小さいお子さんからご年配のお客様も安心してお召し上がりいただけます。

レシピ

この商品を利用したアレンジレシピ

商品情報

内容量 120g
原材料 さんま(三陸北部沖)、還元水飴、清酒、砂糖、醤油、みりん、魚醤、唐辛子、唐辛子エキス、生姜、食塩
(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
賞味期限 冷蔵保管にて60日(記載の賞味期限内)、開封後2日
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
栄養成分表示(120g当たり)<推定値>
エネルギー474kcal
たんぱく質22.4g
脂質30.1g
炭水化物27.1g
食塩相当量3.3g(ナトリウム1300mg)

調理方法

関連商品

ページトップへ